水ボトルを下置きできるウォーターサーバーで確認しておきたい項目として、コストやデザインはとても重要です。このページでは下置きウォーターサーバーの機能を重視してランキングしてみました。

 

 下置きサーバーを機能面で比較するのは

 

 


 フレシャス

 

 コスモウォーター

 

 プレミアムウォーター

 

 の3つです。

機能で選ぶ!水が下置き出来るウォーターサーバー

フレシャス Slat(スラット)

 

Slat(スラット) サーバーの機能

  1. 常温水が飲める!
  2. リヒート機能
  3. エコ機能
  4. 省電力機能
  5. 静音設計サーバー
  6. サーバー内部の『フレシュ機能』
  7. お子様も安心設計

 

 

Slat(スラット) サーバーの便利機能をピックアップ!

 

【常温水機能】
 フレシャスのSlat(スラット)サーバーには常温水が飲める機能が備わっています。常温水はお腹にも優しく、健康やダイエットのために意識的に常温水を飲まれる方もいらっしゃいます。
 Slat(スラット)サーバーは冷水、温水、常温水の3種類のお水をボタン一つで注げるウォーターサーバーです。

 

 

下置きウォーターサーバーslatリヒート機能

【リヒート機能】

 フレシャスのSlat(スラット)サーバーにはお湯を熱くできるリヒート機能が備わっています。温水の通常の設定温度は80度〜85度のお茶やコーヒーを飲むのに適した温度ですが、リヒート機能ボタンを押せば約90度くらいまで再加熱することができます。熱々のお茶が好みの方や、カップ麺を作るときにとても便利な機能です。

 

 

 

 

 

プレミアムウォーター cado

 

cadoサーバーの機能

  1. 弱冷水モード
  2. 再加熱機能
  3. エコモード機能
  4. 加熱クリーンシステム
  5. 外気が入りにくい構造
  6. 小さいお子さんも安心設計

 

 

cadoサーバーの便利機能をピックアップ

 

【弱冷水モード】
 cadoサーバーはお水をぬるめに設定できる弱冷水モードが備わっています。通常の冷水の温度は約8度ですが弱冷水モードに変更すれば約15度のぬるめのお水を飲むことができます。冷たい水が苦手な方や健康を気になさる方に便利な機能です。

 

 

【再加熱機能】
 cadoサーバーの温水の設定温度は約83度です。再加熱ボタンを押せば約90度までお湯の温度を一時的に上げることができます。カップラーメンやあつあつのスープを作るときに便利な機能です。

 

 

 

 

コスモウォーター Smartプラス

Smartプラスの機能

  1. 3つのチャイルドロック機能
  2. 省電力設計
  3. 静音設計
  4. Wクリーン機能搭載

下置きサーバー 機能の差はほとんどない?

 お水のボトルを下置き設置できるウォーターサーバー3つを比較することができました。機能面で比較してみると1位のフレシャスSlat(スラット)サーバーと2位のプレミアムウォーターcadoサーバーの機能の差はほとんどありません。違いは1位のフレシャスSlat(スラット)は冷水、温水、常温水の3種類のお水が飲めるのに比べて、2位のプレミアムウォーターcadoサーバーは冷水、温水の2種類のみです。弱冷水モードはありますが、弱冷水か通常の冷水かどちらかに固定する必要があるので2種類のお水になってしまいます。
 3位のコスモウォーターSmartプラスは基本の衛生機能、安全機能、省エネ機能はしっかりしています。便利機能はありませんがシンプルな機能の方が使いやす方にはお勧めのサーバーです。